受付時間

TEL

ネット予約はこちらから

根本改善

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 夜間通で眠れない
  • 激しい痛みで自由に腕を動かすことができない
  • 上着を着る時に腕が後ろに回せないので大変
  • 他所の医院や治療院に通ったが治りそうにない
  • 病院で原因もよくわからないまま、投薬や湿布を続けている
  • 洗髪や背中を洗う時に手が届かない

四十肩・五十肩とは?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

四十肩・五十肩は、症状の段階によって「急性期」と「慢性期」にわけられています。

「急性期」と「慢性期」は症状や必要な対策も異なるので、四十肩・五十肩でお悩みの方は知っておくとよいでしょう。

〇鋭い痛みが特徴的な「急性期」

四十肩・五十肩は、肩関節を動かしたときなどに鋭い痛みを感じて発症すること多いです。急性期とは、肩や腕疼痛や炎症の強い時期のこと。炎症期ともいいます。

急性期は、じっとしていても症状のある、四六時中悩まされる時期と言えるでしょう。放散痛や関連痛と言って上腕や手指にまで疼痛や、しびれを出すこともあります。また、就寝時にある「夜間痛」が特徴です。寝返りをうつだけでも、痛みで目覚めてしまう方もいらっしゃいます。

ほとんどの場合、鋭い痛みは数日で緩和します。しかし、適切な処置をしないと痛みが増悪することもあります。

急性期では、まず安静です。痛みを誘発するような動きを避けましょう。無理をすると炎症が治まらず疼痛や可動域は悪くなるばかりです。重量物を持ちあげることも控えるのがベストです。

急性期の症状は炎症が原因の場合が多いので、アイシングが効果的です。氷水をビニール袋に入れ、患部を冷やしましょう。冷やす時間は15分~20分です。

急性期の症状は、やがてにぶい痛みに変わり1~2か月ほどで慢性期に移行していきます。

〇痛みは治まってくるが腕が上がらない「慢性期」

慢性期になると疼痛は治まっていき、安静にしていれば、症状をあまり実感しないようになるでしょう。しかし、無理に動かしたり急に動いたりすると鋭い痛みを再発する可能性があります。

急性期の炎症のため、筋肉は短縮して硬くなり、関節の可動域が狭くなり、腕が動きにくくなる時期が慢性期です。腕が上がらないと感じるときは、慢性期であることが多いでしょう。とくに、バンザイの動きや後ろ手に回す動作が難しくなります。

これは、「肩関節拘縮(こうしゅく)」と呼ばれる運動障害です。着替えや洗髪がうまくできないなど、日常生活の動作に支障をきたすようになります。

慢性期では、肩関節を適度に動かすことが重要です。ただし、痛みを感じるような動きは避けてください。まだ激しい運動や重い物を持つといった肩に負担となることは禁忌です。

大事なことは、痛まない範囲で四十肩・五十肩に効果的な体操を始めることです。少しずつ取り組みましょう。

〇四十肩・五十肩には運動療法

「慢性期」の後半、症状がよくなっていく時期を「回復期」といい、とても大切な期間です。腕が少しずつ動かせるようになっていきます。

慢性期は半年から1年ほど続くことが多く、諦めの気持ちも出やすいですが、根気よく運動療法などを続けていきましょう。急性期と慢性期の症状は大きく異なりますので、施術もそれぞれの時期にあわせて行っていきます。

四十肩・五十肩の原因とは?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

四十肩・五十肩はその年齢層の方に多くみられるため、一般的にそう呼ばれます。

肩関節周辺の軟骨や靭帯、腱の変性などで炎症起こしている状態と考えられています。

炎症部位としては、滑液包や関節包といった軟部組織や肩の筋肉などが一般的です。

関節を動かした際に摩擦がおき、関節内で炎症が発生してしまいます。

急性期では、局所だけでなく肩関節周囲に炎症が広がる場合もあり、その場合だと広範囲に疼痛を感じることがあります。安静時痛や夜間痛、時に放散痛といって腕にまで痛みが出ることが特徴です。

〇夜間痛とは

夜間痛とは就寝時に出る強い痛みを言いますが、寝ている時に肩関節が弛緩した際に負荷が掛かり、また夜間は副交感神経優位のため疼痛の閾値が下がること(痛覚が敏感になること)によって夜間痛が起こるとされています。(諸説あり)

〇症状を根本から改善する事が重要

急性期の場合は安静とアイシングが原則なのですが、人によっては患部をお風呂で温めたり無理に動かしたりする方が中にはいらっしゃいます。結果的に、肩関節の炎症を増悪させる行為になります。

おいかわ整骨院では症状の出にくい身体に調整することを目的として施術にあたっています。五十肩という症状は、変性(老化)によるものとお伝えしましたが、では何故肩の関節に老化が起こるのか?それは確かに年齢のせいもあるかもしれません。

ただ、根本の原因としては身体のゆがみや慢性的な疲労の積み重ねが肩関節に過度な負担をかけてを引き起こしているので、そういった肩に掛かる負担を取り除かなければ改善が難しくなります。。

どこに行っても良くならないと諦めていませんか?一度当院にご連絡ください。

当院の四十肩・五十肩の改善法|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

四十肩・五十肩を改善していくにはまず、肩が「急性期」「慢性期」とどの段階に至っているか確認し、肩関節がどれだけ動かせるのか、またどの方向に動かせないのかチェックしていきます。

肩周辺の筋肉だけが硬くなっているだけでしたらマッサージ等で十分かもしれませんが、当院に過去お越しいただいた方の症状は、肩関節を覆う関節包と呼ばれる部位が固まっていることが多いです。

関節包は元々が簡単に壊れないよう強靭な構造をしているので、固まってしまうとそう簡単には元に戻りません。

おいかわ整骨院では肩周辺の筋肉だけでなく、関節包などの関連する部位を施術して調整することで動きをつけていきます。

また、痛みがある場合は特に、肩、腕の振りがなくなる歩行になり、生理的な歩行から逸脱した状態で歩くことで、肩の動きも改善できなくなってしまいます。

現代人は肘から手にかけての前腕と言われる部分はよく動かすのに比べ、上腕と言われる肘から肩の部分はあまり動かさなくなっております。そのため、改善に必要な姿勢指導や歩行指導もお体の状態に合わせて行ない、スムーズに肩が動くようにしていきます。

おいかわ整骨院

お問い合わせ

ネット予約はこちらから

LINEアカウントはこちら

住所
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2-23-2
駐車場
駐車場あり
アクセス
出屋敷駅東出口より徒歩0分。マクドナルド隣。

受付時間