受付時間

TEL

ネット予約はこちらから

根本改善

ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腹痛や吐き気が起きて胸やけもひどい
  • 笑ったりくしゃみをしたりする時にお腹が痛む
  • レントゲンでは「問題無し」と言われたが腰が痛くてつらい
  • 片足がしびれて歩きにくくなった
  • 加齢が原因なので痛み止めや湿布でしか対処法がないと言われた

ヘルニアとはどんな状態? |尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

よく聞くヘルニアとは・・・臓器、組織の一部分が元の位置からはみ出してしまっている状態のことを言います。

大きく分けて2種類、下記の内ヘルニアと外ヘルニアがあります。

  • ・内ヘルニア…内臓が、腸間膜やくぼみの部分に侵入してしまっている状態です。
    例)食道裂孔ヘルニア・椎間板ヘルニア・腸間膜裂孔ヘルニア など
  • ・外ヘルニア…これは臓器の一部が腹部の外に飛び出したものです。
    例)鼠経ヘルニア(脱腸)・大腿ヘルニア・腹壁瘢痕ヘルニア など

ヘルニアで最も多い症状が椎間板に起こるものです。

例えば首に発症するものを頸部椎間板ヘルニア。腰なら腰部椎間板ヘルニア。さらに胸では胸椎椎間板ヘルニアと呼びます。

椎間板ヘルニアはなぜ起こる? |尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

そもそも椎間板とは、背骨を形成している椎骨の間でクッションの役割をしています。これが様々な原因で変性して飛び出してしまい、近くに通っている神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアを起こすメカニズムです。

その原因として、以前は遺伝や加齢が多数でしたが近年は若年層も増えています。

椎間板自体は10歳頃から老化が始まります。それを周辺の筋肉が飛び出さないよう支えている状態なのです。

ですが歳は関係なく悪い姿勢、骨格の歪みなどによって筋肉に負荷がかかった状態でと、筋肉が硬化してしまい椎間板を支えきれなくなってしまいます。

これが原因で首、腰、胸などにヘルニアが起こるのです。

実は怖い椎間板ヘルニア。放置していると? |尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

椎間板ヘルニアは負担のかかる頚椎(首)、腰椎(腰)に頻繁に発生します。

首に発生した場合は首や肩こり、背中の痛みや腕のだるさ、脱力などが起こります。神経が圧迫されるので、悪化するとさらに足の痛みやしびれなども起こるケースがあります。

腰に至っては片方の足に障害が起こることが多いのですが、それを放置していると両足が麻痺して不自由になり、ひいては膀胱障害を起こすこともあるのです。

そこまで症状が進むと手術しか方法がなくなり、それでも数年後に再発するケースが少なく、再発した場合は治療がさらに困難になります。

なので、椎間板ヘルニアを放置せず、早期に治療することが大事なのです。

当院の施術方法とは|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

悪い姿勢、骨格の歪みによる筋肉疲労が椎間板ヘルニアの大きな原因です。

そこで、尼崎市のおいかわ整骨院では、最初に凝った筋肉をほぐし、痛み和らげてから全身のバランスを整える施術を行っております。

尼崎市おいかわ整骨院の治療法である【小林式矯正術法】を通し、骨格・骨盤の位置を矯正してインナーマッスルから鍛え直し、余分な負担を無くしてバランスの取れた筋肉を目指していきます。

そうすることによって無理のない正しい姿勢で過ごせるようになり、ヘルニアが再発しにくい身体へと変わっていくのです。

当院では痛みのない健康な身体を取り戻せるよう、全力でサポートいたします!

辛いヘルニアでお悩みの方は、お早めにご来院ください。一緒に解決していきましょう!

おいかわ整骨院

お問い合わせ

ネット予約はこちらから

LINEアカウントはこちら

住所
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2-23-2
駐車場
駐車場あり
アクセス
出屋敷駅東出口より徒歩0分。マクドナルド隣。

受付時間