受付時間

TEL

ネット予約はこちらから

根本改善

胸郭出口症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肩や腕にシビレ感、ビリビリ感がある
  • 腕を挙げる動作で腕にシビレが出る
  • 肩甲骨辺りから指先までシビレる
  • 肘から下の外側から手の小指側に沿ってピリピリする様な、たまに刺す様な痛みがある
  • 手の握力が下がり、細かい動作がしずらい
  • 肩や肩甲骨周囲や腕に痛みが出る

そのお悩みは背骨・骨盤の歪みからくるものかもしれません!

どうして胸郭出口症候群は起こるのでしょう?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

鎖骨と肋骨の隙間を胸郭出口といいます。胸郭出口は狭い空間が物理的に存在し、動脈や神経が圧迫されることで、胸郭出口症候群が発症します。

首には、筋肉・神経や血管、食道や気管などが密集していて、腕の運動や感覚を感じる神経や血管は、胸郭出口という部分を通り、腕に向かって付いています。

胸郭出口を通る大切な神経として腕神経叢という網の様な神経の束があります。

また、主要血管としや鎖骨下静脈と動脈があります。

胸郭出口の狭くなっている部位としては、3ヶ所あります。

  • ・斜角筋と呼ばれる首の筋肉のすき間の部分

  • ・鎖骨と肋骨の間で狭くなっている所

  • ・胸の筋肉である小胸筋と肩甲骨との間の部分

狭くなっている部分で動静脈や神経が圧迫を受けてしまう可能性が高く、それぞれ小胸筋症候群、斜角筋症候群、肋鎖症候群と名称がついており、これらを総称して胸郭出口症候群と呼びます。

血管や神経が圧迫を受けて発症する胸郭出口症候群ですが、まれに頚肋と呼ばれている先天的な肋骨の残物が原因となって発症する場合もあります。頚肋が残存すると、腕神経叢や鎖骨下動脈がより圧迫を受けやすい状況になるので、胸郭出口症候群が発症しやすいです。

胸郭出口症候群は長時間デスクワークや悪い姿勢で座っていたり、疲労やストレスなどが重なったりすると首肩回りの筋肉が固くなり神経や血管を圧迫し発症しやすくなるとも考えられています。また、なで肩であることや、重量物を持つ職業も発症に関連します。

胸郭出口症候群に対する施術方法とは?症状が改善しない理由とは?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

胸郭出口付近の患部に超音波を直接当てたり、過度に緊張した筋肉をゆるめる手技療法や有酸素運動をして筋肉を弛緩させたりすることもあります。

装具などを使い、肩を引き上げて改善を促すこともあります。

血流を改善させる飲み薬であったり、シビレなどの緩和するビタミン剤などが使われます。

また、神経が圧迫されている部位への直接的に神経ブロック注射をする場合もあります。

根本的に原因となっている姿勢や悪い生活習慣の改善がないために症状の改善がしないことが多々あります。

胸郭出口症候群に対する当院の施術方法とは?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

背骨・骨盤正をすることで身体の歪みを改善いきます。

日常的に知らず知らずのうちの悪い姿勢からなる身体の歪みや筋肉の硬直は、仕事のストレスから発症することも多いからです。

でも、背骨・骨盤の歪みを良くすることで身体への負担が軽減されます。

また、肉体的、精神的に緊張が緩和することで自律神経も整いストレスへの耐性も上がります。

背骨をポキポキと動かす施術や、筋肉の抵抗力を用いた施術法など年配の方から小学生の方まで受けれるのもになっていますので、身体への負担も少ないので安心です。

胸部や背部やお腹周りの筋肉も大切になるので、電気刺激で鍛えていくEMSを使って筋力を上げ支える力を強化していくこともやっていき改善を促してきます。

おいかわ整骨院

お問い合わせ

ネット予約はこちらから

LINEアカウントはこちら

住所
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2-23-2
駐車場
駐車場あり
アクセス
出屋敷駅東出口より徒歩0分。マクドナルド隣。

受付時間