受付時間

TEL

ネット予約はこちらから

ランナー膝

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 走ると膝が痛い
  • しゃがむと膝が痛む
  • 運動後も痛みが消えない
  • ランニングを再開したい

ランナー膝(腸脛靱帯炎)とは?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

ランナー膝は、一般的に腸脛靭帯とよばれる太ももの外側の靭帯が炎症を起こすことを言います。

腸脛靭帯の深側には大腿骨という骨があり、その外側には(大腿骨)外側上顆という骨のでっぱりがあります。

連続的にランニングなどで膝の曲げ伸ばしがされることにより、腸脛靱帯と大腿骨外側上顆で繰り返し摩擦することで、腸脛靭帯に炎症が起こります。

よって、大腿骨外側上顆のある膝の上外側部分に、痛みが生じます。

【原因】

ランナー膝を助長する走り方は、膝が内側に入る(ニーイン)、つま先が外向きで接地(トゥーアウト)していることが挙げられます。

この走り方は、腸脛靭帯の緊張を強め大腿骨外側上顆との摩擦を増やします。

ニーイン、トゥーアウトになる要因としては、不良姿勢、また不良姿勢に伴うランニングフォームの乱れ、靴が合っていない事などがあります。

ランナー膝は、初期はランニング中に痛みが出ても、安静にすると痛みが引きますが、だんだんと運動後も痛みを感じるようになり、慢性化すると、走れないだけでなく日常生活にも支障をきたします。

マラソンランナーに多い症状ですが、特に初心者と競技者レベルの方に多く出ます。

【症状】

膝の上外側に圧痛や、走行時に痛くなります。

【鑑別】

グラスピングテストなどを用いて鑑別します。症状の似ている外側半月版損傷との鑑別が必要です。

治療について|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

一般的な治療は、まず安静です。ランニングを中止して患部の炎症が引くのを待ちます。

炎症が引いた後は患部周辺のマッサージやストレッチ、ランニング再開後は患部のアイシングを行い炎症が慢性化しないようにしていきます。

また、ランニングはなるべく平坦で地面が硬すぎない道から再開し、慣れてきてから強度を上げていきましょう。場合によっては靴の変更が有効ですが、靴選びはまずサイズが合っているかを確認しましょう。その上でクッション性などの機能面を考慮していく必要があります。

【当院の根本治療の考え方】

症状の出にくい身体作りの根幹は筋肉にあります。

ランナー膝の症状は、ランニングを中止し安静にしていれば改善していきます。ただし、ランナー膝を引き起こした原因を取り除かない限り、ランニング再開後、再発する可能性が高くなります。

ランナー膝を引き起こす原因は、姿勢不良が考えられます。

猫背や反り腰などの不良姿勢は、ランニング時のニーインやトゥーアウトを誘発し腸脛靭帯への負担を増大させます。

姿勢や歪みを矯正することで改善していきます。ただし、良い姿勢を維持できなければ、症状は再発します。

維持する為には、良い姿勢を意識することが基本ですが、そもそも姿勢を維持する筋力がなければ、歪みが出やすくなってしまいます。

ほとんどの症状は、過去にしてきた悪い姿勢習慣や、お仕事等で負担がかかるといった、変化をさせるのが難しいことで起きています。

歪みを矯正し、良い姿勢を維持できる筋肉を作っていく習慣を作ることで、根本治療を図ります。

【当院の治療法】

①患部へのアプローチ

早期の疼痛緩和を目的に行います。ランナー膝は、安静とアイシングをしっかり行えば、症状が緩和していきます。

ランナー膝は、日常生活への影響も大きく、また痛みを我慢しながら走ることは身体のバランスを崩す要因にもなりかねません。ランナーにとって、ランニングの長期中止は難しい選択になることも多い為、安静・アイシングに併せ、筋肉の調整やハイボルテージといった電療機器を用いて、疼痛の早期緩和を図ります。

②骨格へのアプローチ

姿勢改善を目的に行います。ランナー膝は、腸脛靭帯に多大な負担が掛かって起こる疾患ですが、多大な負担をかけてしまう要因として不良姿勢があります。いわゆる猫背や反り腰は、腸脛靭帯の緊張を高め、ランニング時のニーインやトゥーアウトを誘発する要因となります。姿勢矯正や姿勢指導を行ない、良い姿勢の定着を図ります。

③筋肉へのアプローチ

上記施術効果維持を目的に行います。関節への負担を減らすのも、姿勢を維持するのも、筋肉が正常に働くことが必須です。しかし、多くの場合症状を出す時点で、筋肉の量が減り、質が低下し、硬くなった状態からの治療スタートとなります。

硬さが取れてくると、症状は緩和されることが多いですが、質を上げて量を増やす努力をしないと、関節への負担が減らず姿勢の維持も難しくなる為、再発しやすくなります。施術による筋肉の調整はもちろんですが、トレーニング指導やEMSといったトレーニング機器も活用しながら、筋肉を正常な状態に近づけていきます。

ランナー膝は慢性化するとランニングまでの復帰が長くなるので、早めに治療することをおすすめします。スタッフ一同お待ちしております。

おいかわ整骨院

お問い合わせ

ネット予約はこちらから

LINEアカウントはこちら

住所
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2-23-2
駐車場
無料駐車場あり
アクセス
出屋敷駅東出口より徒歩0分。マクドナルド隣。

受付時間