受付時間

TEL

ネット予約はこちらから

スタッフブログ

腰痛とデスクワークの関係性

腰痛とデスクワークの関係性

今日は、腰痛とデスクワークの関係性のお話です。

そもそもパソコンを使った作業は手作業なので、肩こりになるのは、イメージしやすいと思います。

でもなぜ、腰痛も?と思われる方も多いのではないでしょうか。

一般的に、重い物を持ったり、前かがみの状態で長時間作業をすると、腰痛になるというイメージがあると思いますが、実は長時間座っているほうが、腰への負担は大きいんですよ。

医学エビデンスでも出ているんですが、なんで座っているだけなのにと思われる方もいると思います。
人は自然に椅子に座っている状態でも無意識に腰回りの筋肉を使っているんです。
座っている時というのは腰に上半身の体重や負担がすべてかかってしまいます。
立っている時は、腰以外にもひざや股関節、足首などの関節がクッションの役割をしている為、負担が分散されているので、立っている時よりも座っている時のほうが、負担が大きいといわれています。

普通に座っているだけで、立っている状態よりも約4割も腰の負担が増加し、また背中や腰を丸めるような座り方をすると、約9割以上も腰への負担は増加するそうです。

その為、仕事や日常生活で座っていることが多い方ほど、腰痛になりやすいといえます。

なので体にとって良くない姿勢で長時間椅子に座り続けた場合は、筋肉や神経を長時間負荷をかけ続けています。
その結果必要以上に腰回りの筋肉に疲労がたまってしまいます。
その状態を続けることによって筋肉が疲れてしまい腰痛の原因になってしまいます。

これがデスクワーカー腰痛の正体です。

お困りの方、一度お電話下さい!!

お電話でのご予約

ネットでのご予約

LINEでのご予約

おいかわ整骨院

お問い合わせ

ネット予約はこちらから

LINEアカウントはこちら

住所
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2-23-2
駐車場
無料駐車場あり
アクセス
出屋敷駅東出口より徒歩0分。マクドナルド隣。

受付時間