受付時間

TEL

ネット予約はこちらから

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩いて10分内に足が痺れて歩けない
  • 足の指先がずっと痺れている
  • 歩くのが怖い
  • 少し歩くと腰の痛みでしゃがんでしまう
  • とにかく不安、怖い
  • 家族に迷惑をかけたくない

上記のような症状でお困りではありませんか?

その症状はもしかすると、脊柱管狭窄症かもしれません。

脊柱管狭窄症とは?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

背骨にある脊柱管と呼ばれる、脊髄の太い神経が通る管を取り囲む骨が、何らかの原因によって狭くなることで起こる疾患を脊柱管狭窄症いいます。

【脊柱管狭窄症はなぜおこるのか?】

脊柱管狭窄症のおこる原因としては、黄色靭帯の肥厚、骨棘の形成、椎間板の膨隆、脊椎のすべり、側弯など多くの場合は加齢による組織の変性によって脊柱の管が狭くなってしまうことでその中を通っている神経が圧迫さることで起きます。すべり症や椎間板ヘルニアなどから来る狭窄症の場合もあります。脊柱管狭窄症は加齢による場合が多いので高齢者に多くみられます。

その中でも、腰に負担の多い仕事や悪い姿勢で腰を痛めたことがある人は変形性腰椎症を起こしやすく、特に女性は筋肉量が少ないので、中年女性ですべり症を起こしている人は、脊柱管狭窄症になりやすいです。また、姿勢不良が原因で腰に負担がかかり起こる場合もあり、その中でも反り腰の方に多い傾向が出ています。

また、年齢が増すにつれ運動をしなくなることで骨盤機能の低下を招き、しびれなどを起こしやすい環境になってしまっているのです。

反り腰とは?

背骨のS字カーブのうち、腰椎の前弯(腰の前への反り)が強くなる状態を言います。

反り腰に限らず、腰椎は以下のように骨盤の傾きとのつながりがあります。

  • ・骨盤が前方に傾くことで腰骨の前への反りが強くなる

  • ・骨盤が後方に傾くことで腰骨の前への反りが弱くなり椎間板(クッション材)にかかる負担が大きく、腰椎だけの問題ではなく、骨盤や下肢からなどの影響も受けた結果として考えていく必要があります。

反り腰になる原因として|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

・下半身筋肉バランスの低下

基本的に腰の反りを強くする筋肉が過剰に働くことで起こる場合が多いです。しかし、反対に幼いころから運動不足でお腹の筋肉が弱くなってしまうことでも反り腰になります。なぜなら、お腹の筋肉が弱くなってしまった結果、相対的に腰の筋肉のバランスが崩れ支えなくなり反りが強くなってしまうからです。

つまり、前と後ろの筋肉のバランスが崩れることで反り腰になってしまいます。また、変形性股関節症のように股関節の安定性を高める筋肉が硬くなること、または骨盤が前方に傾いて、それに伴い腰の反りが強くなることも原因になります。

脊柱管狭窄の症状は?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

特徴的なのは、間欠性跛行です。長距離を歩けず、歩行と休憩を繰り返します。

他に血液循環障害でも間欠性跛行は起きますので、しっかりとした鑑別診断が必要です。

脊柱管狭窄症ではしゃがむ様な格好で腰を丸めるようにすれば比較的症状が落ち着きます。

その他、お尻の痛み、腰痛、下肢痛、下肢のしびれなども起きます。歩くと症状がでる理由は組織が酸欠状態になったり、筋緊張が増すことで起きています。また、脊柱管狭窄症では身体を伸ばして歩くとひどく痛みますが、自転車に乗ったり押し車など、少し前かがみの姿勢になると痛みなく乗れることが出来るのが特徴です 。

一般的な治療法|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

治療には、保存療法と手術療法とがあります。当院では保存療法で腰椎-骨盤周囲の動きを良くするためにストレッチや歩行トレーニングあるいは姿勢の改善を行うことで、病状の改善及び進行予防を図っていきます。

また、運動不足の場合が多いのでウオーキングを通じて骨盤機能回復を促し運動を行うことが大切になってきます。

【当院のここが違う!!】

ここまでは治療に対する考え方と施術のしかたです!

当院では根本改善を目指し、痛みの箇所だけを診るのでなく、過去の生活歴、仕事歴、怪我があるか無いか、スポーツ歴、病歴と全体を診て診断治療していきます。

痛みの原因は、主に筋肉、筋膜、骨格、骨盤、筋力不足が原因です。

また、痛みの発生する原因としては、

  • ・筋肉の過緊張で引き起こされるしこり、かたまり(筋硬結)

  • ・背骨骨盤の歪みによる姿勢不良で起こる特定の部位、関節への負担も考えられています。

姿勢が悪く背骨や骨盤が歪んでしまうと身体全体が歪んでしまいます。

定期的な運動をせずに、年齢を重ねると筋力低下が起きます、その次に筋肉が硬くなっていきます、そのころには関節に負担が行きはじめ身体全体が歪んでしまい痛みが生じます。

この状態が長期化することで、肩こり、頭痛、寝違え、腰痛、膝痛、しびれ、だるさ、重さなどの様々な症状に繋がります。

でも歪んでいるのは骨だけではありません、歪みが変形に繋がり取り戻しの難しい状況にもなってきます。

つまり骨に歪みが生じる時には筋肉も捻じれ硬くなっています。

硬くなった筋肉に緊張が生じ、これが痛みの根本原因になります。

この緊張を手技や電気治療すると柔軟性を取り戻し、痛みが消失していきます。

【当院の治療に対する考え方】

なぜ、マッサージだけを受け続けても、なかなか身体の痛み、疲労感はなくならないのでしょうか?

それは症状に合った最適な治療法、運動法を提案、施術できる院が少ないからだと思います。当院には、根本改善つまり自分で自分の身体を守れるようになる知識・技術・プログラムがあります。

【当院の治療法】

背骨骨盤を整える矯正法、筋肉にアプローチするインナーアウター治療、筋肉の増強プログラム、ダイエット療法を用いその方に適切な施術をしていきます。

【当院の根本治療】

=背骨骨盤調整×インナーアウター筋治療×運動療法

【根本改善プログラム、治療計画】

私たちは治療の中間目標として

治癒=「一か月間痛みの出ない身体作り」

ゴールとして

完治=「自分で自分を守れる状態」

患者様の状況に応じて、適切な治療と指導を行い、少しづつ痛みを引き起こさない体に近づけていきます。治療プログラムとしては施術集中期間、維持期間、質を上げる期間、予防期間作らせていただいており、具体的なアプローチは、全身の歪みを矯正することで正しい姿勢を作っていき、毛細血管の回復を図り本来身体がもっている自然治癒力を引き出し定期ます。

負担の少ない姿勢を作りながら背骨骨盤矯正によって整え回復力を作っていきます。更に痛みの原因である筋肉を手技治療や電気療法などで除去していくことで「首がスッキリ、肩がスッキリ」を実現させていきます。このような治療を行っていくことで、「治療後は楽になるけど、期間が空いてしまうと戻ってしまう」などのような訴えがなくなっていきます。

おいかわ整骨院

お問い合わせ

ネット予約はこちらから

LINEアカウントはこちら

住所
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2-23-2
駐車場
無料駐車場あり
アクセス
出屋敷駅東出口より徒歩0分。マクドナルド隣。

受付時間