受付時間

TEL

ネット予約はこちらから

根本改善

半月板損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • しゃがみ作業で膝が痛む。
  • 若いころ、スポーツをしていて半月板を痛めた。
  • 階段の上り下りや中腰作業が多くて膝が不安。
  • 膝の曲げ伸ばしがやりにくくなってきた。
  • 病院で変形性膝関節症と診断された。

半月板損傷とは?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

半月板損傷とは膝の関節内にある関節半月という軟骨が何らかの原因により損傷してしまったものをいいます。ジャンプや急激な切り返しによる膝の捻りなど、スポーツをしていて起こることが多いです。学生時代に半月板を痛めて、一旦症状が落ち着いた後、中年以降になって膝が痛くなるといったこともあります。また、高齢者の場合、膝関節症に進行することもあります。

半月板損傷はどうして起こるの?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

スポーツ中のジャンプ動作や切り返し動作により半月板に亀裂、分離してしまうことで炎症が起こります。また、長年のしゃがみ作業や不良姿勢により、長期的に半月板に摩擦が掛かり擦り減ってしまうことで発症することもあります。

半月板損傷を放っておくと危険?|尼崎市出屋敷 おいかわ整骨院

半月板とは本来膝関節の隙間を保ち、衝撃が加わった際に関節を痛めないようにクッションの役割をしています。損傷してしまうとクッションとして機能しなくなってしまうため衝撃が関節や骨に直接加わってしまいます。放っておくと、膝関節の変形や周囲の軟部組織の弱体化が進行し、歩くたびに痛いといった生活に支障が出る症状に悩まされることとなります。

尼崎市 出屋敷 おいかわ整骨院の施術は?

関節・骨格・筋肉に対してアプローチし、痛みの出にくい身体を作っていきます。

損傷した半月版を元通りにすることは出来ませんが、膝関節にかかる負担を減らすことで上手に付き合っていけるようにしていきます。

①関節へのアプローチ

特に、歩行中の症状を軽減する目的で行います。半月板損傷をした膝関節は可動域に異常が出ていることが大半です。可動域の異常は歩いている時の膝への負荷を不要に大きくしてしまいます。また、可動域の異常を改善していくだけでも、痛み等の症状が緩和されることはよくあることです。関節モビライゼーションテクニックなどで関節にアプローチします。

②骨格へのアプローチ

膝関節に不要な負荷が掛からないようにする目的で行います。

膝を含めた脚は、なるべく左右均等に荷重がかかるのが理想です。しかし、多くの場合骨格の偏りがあります。こういった偏りは、特に、歩行中において過度な左右への横ぶれの要因となってしまいます。膝は横ぶれに対して耐えられる構造をしていない為、傷めることに繋がります。骨盤矯正・背骨矯正などで骨格にアプローチしていきます。

③筋肉へのアプローチ

痛み等の症状緩和、上記の施術の効果維持を目的に行います。最終的に膝関節・半月版への負荷を減らすには、筋肉の存在は外せません。筋肉は悪化する際、量が減って、質が悪くなって、硬くなるという経緯をたどります。アプローチは、逆に硬さを取って柔らかくし、質を上げて、量を増やしていくという順番で進めていきます。

一朝一夕でいくものではありませんが、とても大事なアプローチとなります。筋肉調整、ストレッチ指導、トレーニング指導、EMSなどを使って筋肉にアプローチします。

半月板損傷は上手く付き合っていくしかありません。症状が重くなる前に是非ご相談ください。スタッフ一同お待ちしております。

おいかわ整骨院

お問い合わせ

ネット予約はこちらから

LINEアカウントはこちら

住所
〒660-0876 兵庫県尼崎市竹谷町2-23-2
駐車場
無料駐車場あり
アクセス
出屋敷駅東出口より徒歩0分。マクドナルド隣。

受付時間