尼崎で口コミ実績1位の整体は「おいかわ整骨院」

膝の痛み・変形性膝関節症

この膝の痛み
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

膝の痛み

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 痛くて歩けないから出掛ける気にならない
  • 膝周囲が熱を持っているような感じ
  • 膝が腫れていて、年々ひどくなっている
  • 病院では「歳だから治らない」といわれたが何とかしたい
  • 手術しかないと言われたが手術以外の方法で何とかしたい
  • 今後歩けなくなるのが不安だ
  • 不安なく旅行に行きたい
  • とにかく前のように歩きたい

↓

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

お客様の喜びの声が
\ 信頼の証です!/

「曲げられない両膝の痛みが、生活できるほどに回復」

歩行時の痛みと、両膝の関節症で約4年間整形外科に通院していましたが、なかなか症状は改善されませんでした。

時々痛みで歩けなくなることもあり、歩くのに痛みが付きまとうと行動範囲も狭くなるし、趣味の自転車も乗れなくなる。

このままではいかん!と思い来院を決めました。両膝は、ずっと痛い状態でとくに階段がしんどく、曲げる事が出来ずにいました、今で少し痛みが残ってますが正座が出来るし生活にほとんど支障がなくなりました。

(新野 昭義 60代)

※効果には個人差があります

「膝痛が改善。安心できる整骨院です。」

膝と肩の痛み・しびれで通院をしておりましたが、見事症状が改善されました。

次は腰の痛みで通院中です。ここまで親身なカウンセリングと施術を行ってもらえて、安心できる整骨院はなかったと思います。

(川端 通子 80代)

※効果には個人差があります

 

 

テレビや雑誌で多数紹介! 関西でも指折りの整骨院です

 

医療関係者やアスリートも 当院の技術を絶賛!

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも膝の痛みが
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

理由

ひざ痛の原因に隠されていた真実とは?

あなたは、ひざの痛みで、こんな誤解していませんか?

  1. 骨が変形するから痛い
  2. 軟骨がすり減るから痛い
  3. グルコサミン・コンドロイチンが効く

膝の痛みには、この3つの知識が正しいとされ、世間一般にも広く浸透して、医療機関でも1、2は公言されてしまっています。

しかし、本当は骨が変形しても痛くないし、軟骨はすり減っても痛くありません。

実は、レントゲンから分かる情報はあくまで膝の現状が分かるのみで、骨の変形そのものが痛みの原因ではありません。その理由をこれから説明させて頂きます。

レントゲンで膝関節の隙間が左右差がある場合があります。膝関節軟骨は減り、骨も変形し始めているのが確認できます。しかし、この時点で患者さ膝んの膝に痛みはありません。

病院での診断名は「変形性膝関節症」 確かにそうです。

画像を見る限り、誰もがそのように診断するのは間違いないでしょう。

だからと言って

膝の骨の変形=痛み

関節軟骨のすり減り=痛み、ではないのです。

確かに、骨の変形が進行していくと動ける幅が狭くなり、日常生活のしゃがみ動作や階段昇降、歩行動作に支障が出てきますので無視していいというわけではありませんが、痛みとは切り離して考えなければいけません。

骨の変形や軟骨のすり減りは、一日を通して変化がありませんが、膝の痛みには変化があります。

骨の変形はそのままなのに、なぜ痛みには変化があるのかを考えていけば痛みの真実が見えてきます。

それでは、次は膝痛に隠されたもう一つの面を詳しく見ていきましょう

レントゲンに写らないところ、症状のあるところ以外に痛みの原因がある。

膝の痛みは「骨の変形が原因」とされるのが一般的ですが、そもそもなぜ、骨が変形してしまったのか?

これについて、考えたことはありますか?

骨は理由もなく変形することはありません。

骨が変形するからにはそれ相当の膝への負荷があったと考えられます。

となると、その負荷は骨や軟骨以外にも影響していると考えられませんか?

膝の関節は、骨と軟骨だけで構成されているのではなく、筋肉や筋膜、靭帯、滑膜なども大切な要素です。

これらの組織にも、同じようなの負荷が加わってしまっていたらどうでしょう?

骨が変形するほどの負荷なのだから、これらの組織にも必ず影響しているはずです。

そうです。

この負荷による影響こそが痛みの正体です。

つまり、筋肉をはじめとする軟部組織への負担が痛みの原因になっているのです。

出産され家事育児(人によっては仕事も加わり)で頑張っておられる女性に多い膝関節痛・股関節痛・手指関節痛が多いのも、この負荷による影響が大きく関与しています。

では何故、骨の変形や軟骨のすり減りが痛みの原因にはならないのでしょうか?

それは、骨や軟骨には痛みを感じる神経が存在しないからです。

これは、髪の毛や爪と一緒で、痛みを感じる神経が無いのだから骨が変形しても軟骨が減っても痛みを感じないのです。

ですから、痛みの原因が骨や軟骨にあるというのは、見た目からそのように解釈しただけに過ぎず、解剖生理学的には間違った解釈になるのです。

したがって、あなたの膝の痛みが「骨や軟骨の変形によるもの」と診断されていたとしたら、レントゲンには写らない筋肉等のトラブルは見逃されている可能性が非常に高いと言えます、また、膝関節痛の治療として、整形外科ではヒアルロン酸注射をすることがあります。

しかし、なぜか米国の整形外科学会AAOSでは、ヒアルロン酸の関節内注射は推奨されていません。

当然ながら、コンドロイチン、グルコサミン等を含む健康食品が関節軟骨に効果がないのは言うまでもありません。

 

 

症状についての説明 

説明

関節軟骨がすり減っても軟骨自体に痛みの神経がありませんので、痛みの元にはなりません。

膝や、股関節の変形による痛みの元は、すり減った軟骨ではなく周囲の痛みの神経が豊富な滑膜や関節包、また筋膜や骨膜の癒着により痛みが生じるのです。

ではなぜ?癒着が起きて起きてしまうのでしょうか?

それは簡単に言うと長期にわたり使いすぎた、または間違って使い続けたことが大きな要因になります。本来つるつる滑って他を干渉しないようになっている筋膜・骨膜が、癒着している方が都合がいいと認識してしまうまで間違った使い方を続けたために起こります。

 

 

原因

原因

変形性膝関節症の原因

膝の痛みで一番多いのが膝の内側に出る痛み変形性膝関節症と呼ばれる症名ですが、太り気味の50歳以降の女性に多く現れます。歩き始めや立ち上がる時、次の動作に移る時、階段を降りる時、正座をする時などに痛みを感じることから始まり、次第に膝の痛みが強くなって慢性的な症状へと進行していきます。この痛みは中高年に起こる膝の痛みの90%を占めているので、説明しておきましょう。

男女の比率は1対20位で女性の方に多く現れていますが、この理由は重力の影響が関係しています。男女とも平等に重力の影響を受けているわけですが、女性の方の筋力が弱いため、重力の影響である2つの有害なストレス『過剰な衝撃とねじれ』、つまり壊す力を多く受けてしまうのです。

これらの差を現代医学はホルモンの低下、骨そしょう症、栄養のアンバランスが主な原因と説明していますが、これは少々誤解があります。このように書くと、かなりのおしかりがあると思いますが、事実なので書かざるを得ません。

 

原因

第一の原因は、足裏の歪み「外反母趾」や「指上げ足(浮き指)」から発生する『過剰な衝撃とねじれ』という2つの有害なストレス(破壊力)であり、重力の影響です。

特に外反母趾や指上げ足(浮き指)での歩行では、歩行時に足先が外方向へ流れてしまう「ねじれ歩行」となってしまい、テコの原理でO脚を発生させ、体重を膝(ひざ)の内側へ集中させます。更に、このような不安定な足裏はクッション作用が著しく衰えているため、過剰な衝撃を膝(ひざ)に繰り返し伝えてしまい、この膝内側部分をより破壊させ次第に変形と痛みが起こってしまうのです。

その証拠に『変形性膝関節症』を起こす95%以上の人に外反母趾や指上げ足(浮き指)が見られます。これらの不安定な足裏は、指が踏ん張れていないため重心がかかとに片寄り、指の付け根とかかとだけを使った不安定な2点歩行をしてしまっているのです。

 

階段の上り下りの痛み

90%の変形が潜在的に溜まってしまうのは不安定な足底が原因です。足裏が不安定だと『過剰な衝撃とねじれ』、つまり地震で例えると『縦揺れと横揺れ』の破壊力が繰り返し膝(ひざ)に伝わってしまうのです。

特に、かかとからの強力な突き上げ(ヒールストライク)と自分の体重が膝(ひざ)の関節面で衝突を繰り返すことにより徐々に軟骨が破壊されていき、次第に変形してくるのです。変形した軟骨がギザギザになっているため、急な変化に対応できず、『ふいに立ち上がった時』や『歩き始め』『階段の上り下り』に痛みが走るなど、次の動作に移る時痛むのです。

また特に、階段を降りる時もズキンとして膝がガクンと落ちそうになることがありますが、これは体重による負担が急に集中したためで、ギザギザの軟骨が周りにある神経を刺激した結果なのです。瞬間的な痛みに対して防衛本能が働き、その患部を守ろうとして膝がガクンと落ちるのです。つまり、人間は急激な痛みまたは瞬間的な痛みに対して、横になって重力の負担をかわそうとする防御反応が働くのです。

このような症状が出たら早めに専用サポーターなどで3週間程固定しておきましょう。また、電車の中や台所で立っている時、膝を伸ばし切らず、少し曲げ加減にして立ち安静にすることも大切です。膝を伸ばしきって立つと、全体重を骨で支えることになり関節に一層負担をかけてしまいます。逆に、膝を曲げ加減で立つと、体を支えるための筋肉も発達し関節への負担を防ぐことができます。

 

 

当院での改善法

改善法

当院では、膝構成骨の関係組織や関節に問題があれば一つ一つ整復し、特に骨盤と合わせて骨盤の動作を改善して行くように整復という手技による施術と治療道具による骨盤や背骨の施術を行います。また関係関節を含めて正常なヒザの動作ができるときは正しく歩けていて、かつ長く歩行の出来る耐久性を持った状態と言えるのでその状態へ近づけて行くための運動療法を行います。

当院では症状の発生してしまった原因を明らかにし、原因を辿り、悪くしてしまう要因を一つ一つ取り除くことが施術の主な方法となります。合わせて必要であれば、運動療法として関節や関係組織の回復を図るためのリハビリも行います。

その運動療法が当施術所で提唱している「骨トレ」「骨盤トレーニング」という方法です。正常なヒザの動作改善を目指して、正しくヒザ関節が荷重できるようにアプローチしていきます。

ヒザの軟骨や、股関節の軟骨・半月板は、正しく荷重をかけて行くことで再生可能だということが整形外科の領域においての臨床例で散見されるようになって来ています。

 

 

キャンペーン

 

12月7日までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回60分 1,980円
(通常 1回 4,500円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと5名

 

tel:066412310024時間受付・予約フォーム MAP

 

 

まだまだあります!
\お客様の喜びの声/

 

「ありがとうございました。」

娘が出産で里帰りを一か月ほどしていました。
娘の手伝いをしていたら、持病の右ひざの痛みがひどくなりどうしたらよいものかと思い道を歩いていたら偶然にも先生にお会いして、その日から見ていただきました。
筋肉のつけ方等、教えていただき3か月、今は花を見に山に行ったりできるようになりました。
先生方、本当にありがとうございました。

(下田 怜子 60代)

※効果には個人差があります

「そのままにしていたら酷くなるかも」

前々から膝が痛むことはあったのですがしばらくすると痛みが消えるのでそのままにしていました。
一か月ほど前から膝の痛みが続き、中々痛みが消えないので本格的に治したいと思い、色々とインターネットで探した結果、こちらの院に決めました。続けて通院しているうちにみるみる良くなってきました。
友人にも勧めました、おススメの整骨院です。

(池村 京子 30代)

※効果には個人差があります

「前々から気になってました。」

五月中旬外出中、左足膝関節症(老化から筋肉の低下?とおもわれて、、、)と、思われるくらい、急に足が硬直し歩けなくなりました。
何とか帰路に就くも、正座すら出来なくなり『おいかわ整骨院』先生の看板を目にしていましたので、『是非改善できれば、、』と願い受診いたしました。
おいかわ先生の丁寧な説明、真面目な治療のご指導を受け安心致しました。
又、家庭でも出来る様にと、プログラムやスクワットetc重ね一か月程すると、徐々に回復し今では早朝ウオーキングも楽しく歩ける迄に回復しました。
先生には心こめられた治療を受けられた事お礼申し上げます、ありがとうございました。

(中前 紀代実 70代)

※効果には個人差があります

 

 

当院の技術が書籍になりました

 

 

他院とはどこが違う?

↓

おいかわ整骨院の
\ 7つの特徴 

 

1.初回約30分のカウンセリング・検査で痛みの根本原因を特定

カウンセリング

症状を根本から改善するために、痛みの本当の原因を時間を掛けてしっかり調べます。

 

 

2.痛みのない、優しい整体

優しい

ご年配の方や妊娠中の方、お子様も安心して受けて頂けるソフトな施術です。

 

 

3.のべ5万人以上が感動!ベテラン施術家によるオーダーメイド整体

オーダーメイド

業歴10年以上の院長をはじめ、経験豊富な施術家がお身体に合わせたオーダーメイド整体で根本改善へと導きます。

 

 

4.1回で変化を実感!ビフォーアフターも確認いただけます

変化

1回の施術で身体の変化を実感して頂けます。

 

 

5.充実したアフターケアで再発予防もバッチリ!

アフター

その人のお身体に合わせたセルフケア指導が好評!再発予防だけでなく、更に施術効果もアップします!

 

 

6.出屋敷駅徒歩0分!駐車場も完備しております。

外観

駅と直結、バスロータリーが院の正面にあります。仕事帰りや買い物帰りにも通いやすい環境です。

 

 

7.あらゆる症状に対応します。

あらゆる

腰・肩・首・頭・膝などの痛みやシビレもお任せ下さい。どんな症状でもお気軽にご相談下さい。

 

 

地域最大 20名掲載

↓

全国の有名整骨院も
当院を推薦しております

 

「及川先生は信頼できる先生です。」

健寿の森
院長 髙木稔之先生

こんにちは、大阪箕面市で施術院を経営している髙木稔之と申します。 及川先生とは施術セミナーを同期で受講した際に知り合いました。 それから度々施術について話すようになり、この仕事を始めた理由や施術への考え方、院に来てくれているお客様に対する想い、たくさん聞かせてもらいました。

わたしも講師をしているので沢山の施術家の先生や経営者の方と話すことがありますが、及川先生ほどお客様のことを考えてるひとは本当に少ないです。及川先生が主宰する健康学と施術セミナーにも参加させて頂きましたが、全国から沢山の施術家の先生たちが学びに来られるほどの信頼出来る先生です。 お身体の不調で悩まれている方は是非一度、及川先生に相談してみてください。 必ずお力になってくれます。

「迷わないで行ってほしいです。」

やわら整骨院
院長 高松 久仁彦

京都府で接骨院をしています、高松と申します。
私の住む町京都を含め、全国的に見てみても、数多くの施術院や整骨院が乱立しています。
施術家の先生はお客様の悩みをなんとかしなければと必死で、お客様の症状を判断することなく施術をしてしまいがちです、ですが及川先生は「ほとんど効果を見込めない症状」
「効果が見込めるが第一選択肢ではない症状」
「高いちゆ効果を見込める症状」
をきっちり整理されて、施術してますので信頼できます。
先日、院見学に無理行って行かせて頂いた時も、快く受け入れてくれました。
その時に沢山の事を学ばせていただき、私の施術院に生かされています、本当にありがとうございます。
及川先生の院は揉み屋さんやリラクゼーション店ではなく施術院ですので、ちゆ効果のないものにズルズルと通院し続ける様な所ではありません。
しかし残念ながら世の中にある多くの施術院は「たくさん通ってもらう」ことを目的とした施術院が蔓延しているのは事実です。
及川先生のように「なおす」ことを目的とした先生は大変貴重な存在だと思います。

「尊敬する施術家です。」

むねさわ接骨院
院長 宗澤 健正

井原市で整骨院・ダイエットを経営しております宗沢と申します。及川先生と勉強会に参加させていただき半年ほどになります。私の個人的な意見ですが、先生は医療の知識、施術の技術、人柄、どれを取っても間違いなく数少ない本物です。
もし、何処に行ってもなおらない方、何処へ行けばいいのかわからない方はすぐに「おいかわ整骨院」へ電話してください。きっともっと早く電話してばよかったと思わせてくれますよ、お勧めします。

 

 

 

キャンペーン

 

12月7日までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回60分 1,980円
(通常 1回 4,500円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと5名

 

tel:066412310024時間受付・予約フォームMAP

 

尼崎で口コミ実績1位の整体は「おいかわ整骨院」 PAGETOP